内容証明お問い合わせ
※暫くの間、すべて業務をお休みさせていただきます。

内容証明郵便ならお任せ!

消費者トラブル、住まいのトラブル、日常生活のトラブル、生きていれば必ず何らかのトラブルに遭遇します。トラブル解決の第一歩といえば内容証明郵便です。でも「書き方がわからい...」という方も多いのではないでしょうか?行政書士・水原将博事務所はそんな皆様のために、内容証明郵便の作成と発信の代行を専門におこうなう行政書士事務所です。個人の依頼者様や個人事業主(SOHO)の依頼者様には格安料金で対応させていただきます。

内容証明郵便とは?

内容証明郵便とは「誰が」「いつ」「どのような内容を」「誰に」送ったかを郵便局が証明してくれる特殊な郵便制度です。郵便は正確かつ確実な方法ではありますが、ごく稀に配達されない郵便もあります。また後々「そんな郵便は受け取っていない」「いや確かに送った」といったトラブルに発展する場合もあります。こういったトラブルを回避する手段として有効なのが内容証明郵便です。内容証明郵便配達証明付きで出しておけば、発信した事実から、その内容配達された事実までも証明することができます。

内容証明郵便の効果

内容証明郵便には、それ自体に法的な拘束力がある訳ではありませんが、以下のような効果が期待できます。

証拠力を得る効果

内容証明郵便を利用すれば発信した書面の内容の証明ができますので、契約解除の意思表示など、意思表示をしたことによって何らかの法律効果が発生するような場合は非常に有効です。配達証明を付けておけば、相手方はもはや「そんな通知は受け取っていない」などと言い逃れができなくなります。

確定日付の効果

内容証明郵便を利用すれば発信した日付の証明ができますので、発信した日付が重要なるクーリングオフ書面の通知などに非常に有効です。また同じく日付が重要となる債権譲渡の通知や時効中断のための請求などにも有効です。

心理的圧迫の効果

前述の通り内容証明郵便には、それ自体に法的拘束力があるわけではありませんが、「証明」のスタンプが押された特殊な郵便物ですので、それを受け取った側は大抵の場合、何らかの反応をしてきます。これは内容証明にはその後に続く法的手段を相手方に意識させる事ができるからです。ケースバイケースですが、内容証明には相手方に心理的圧迫を与える事ができる場合もあります。

クーリングオフ書面の通知は内容証明郵便で

前述の通り内容証明郵便を利用すれば発信した書面の内容の証明発信した日付の証明ができますので、これらが重要となるクーリングオフの通知に最適と言えるでしょう。クーリングオフに関しまして当事務所ではクーリングオフに特化した以下のサイトを運営も運営しておりますので、クーリングオフでお悩みの方はご閲覧いただければと思います。

クーリングオフ制度解説サイト「やるぞ!クーリングオフ」 ■クーリングオフ制度解説「やるぞ!クーリングオフ」
単なる業務案内にとどまらず、クーリングオフの基本や要件からクーリングオフの仕方(内容証明郵便の書き方)などクーリングオフ制度を詳しく解説

■快傑クーリングオフ
3キャリア対応のモバイルサイトです。
携帯クーリングオフ

メインメニュー

サブメニュー